2010年06月17日

オーストラリア 『生活の質』 世界10位

この度、『2010年世界生活環境調査』の結果が米国コンサルタント会社
マーサーより発表されました。

この調査は毎年、政治や経済、物価や治安、さらに医療、教育、交通機関
、自然災害など39のチェック項目に基づき各都市を調査し、ランキングを
発表しているものです。今年の対象都市は221都市。

いわば「住みやすい都市ランキング」ですね。
では、結果発表です!!

世界第1位は昨年に引き続きウィーン(オーストリア)、チューリヒ、
ジュネーブ(共にスイス)が2位、3位に続き、オーストラリアではシドニー
が10位、メルボルン18位、パース21位でした。

オーストラリアの都市は、世界レベルの生活環境を維持し続けており、
魅力ある居住地として常に外国人の羨望のまなざしを集めていること
から、上位にランクインしています。

ちなみに日本は、東京が40位、神戸・横浜41が41位、大阪が51位でした。
アジアは地震や台風などの自然災害が多いため、マイナス要因となった
ようです。

経済の中心であるアメリカや日本は上位には食い込めませんでしたね。
住みやすさとなると、医療の充実や治安の良さなど、快適な生活が送れる
ことが、上位の国に共通するポイントなのかもしれませんね。

Mercer Quality of Living Survey - Worldwide Rankings, 2010



ゴールドコースト留学&ワーキングホリデーなら
OGCオーストラリア留学サポートデスクへ!!
http://www.ryugaku-aus.com/


にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

 
posted by OGC at 11:04| ブリスベン ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。